• HOME
  • シャボン玉

CATEGORY

シャボン玉

シャボン玉石けん~EMシリーズ~

シャボン玉石けん

石けんを作る方法として、「ケン化法」「中和法」の2つの方法があります。
「ケン化法」とは、油脂に苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させる方法で、熟練の技が要求される手間のかかる製法です。そのため、ケン化法で作った石けん には、油脂に含まれていたグリセリン(古くから保湿剤として用いられていました)が数%残っていてるので、洗い上がりがしっとりして、ツッパリ感が少ない のが特徴です。

「中和法」とは、脂肪酸と苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させる方法で、短時間で石けんを作ることができ、大量生産向きと言えます。しかし、中和法で作られた石けんは、油脂の代わりに脂肪酸を用いるので、グリセリンが含まれていません。
シャボン玉石けんではケン化法で何度も熟成させ、1週間かけて丁寧に炊きこんでいますので、天然の保湿成分を含んだやさしい石けんですが出来上がります。
シャボン玉石けんはケン化法にこだわっています。

該当する商品がありません。

2021年08月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2021年09月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 定休日